MBD手法を活用したハードウェア性能設計セミナー2020年12月4日(金)、12月11日(金)

2020.10.30

セミナー趣旨

現在の製造業はグローバルかつ顧客ニーズ変化の激しい市場に、競争力のある製品を迅速に市場投入するため、設計プロセスの高効率化・高度化が強く求められています。そんな中、高効率化・高度化の実現方法として開発の初期段階で設計成立性や設計キーパラメーターを予測する性能設計の取組みが注目されています。

 本セミナーでは、MBD手法を活用したハードウェア性能設計を成功に導く弊社独自の方法論および性能設計プロセスの実装システムとして3DEXPERIENCEプラットフォームをご紹介いたします。3DEXPERIENCEプラットフォーム上でいかに性能設計を効果的に行えるか、5軸のロボットアームを題材にした具体的なデモンストレーションもご紹介いたします。

開催概要

日 時

2020年12月4日(金)または、12月11日(金)
※ご都合の良い日程を選択ください。
時間:13:30 -14:55(受付開始:13:20)

形式 オンライン開催
主 催 プログレス・テクノロジーズ株式会社
協 賛

ダッソー・システムズ株式会社

参加費 無料(事前申し込み制)
対象者 MBD、1DCAE、設計効率化・品質向上、技術伝承、設計の自動化・最適化に興味関心のある方

プログラム

13:30-13:45
(15分)
オープニング/ご挨拶
セッション1
 13:45-14:05
(20分)

「ハードウェア性能設計を成功に導く弊社独自のコンサルティングメソドロジー:PT DBSのご紹介

講演概要:
人の頭の中・システム・図面などに散在する 「ノウハウ・ロジック=設計根拠の可視化」 をすることで企業の技術資産を棚卸して最大化させ、設計プロセス全体を効率的に整理・再構築していく弊社独自のコンサルティングメソドロジーをご紹介いたします。

PT DBSにより性能設計の成功の鍵となる、
要求(R)・機能(F)・ロジック(L)・物理パラメータ(P)
を見える化、関連性の紐づけすることができます。

セッション2

14:05-14:45

(40分)

 3DEXPERIENCEプラットフォームで実装するハード系MBD例のご紹介」

プログレス・テクノロジーズ株式会社  デジタルソリューション技術部
 設計ソリューショングループ スペシャリスト 根本 雅之

講演概要:
 PT DBSで可視化したノウハウ・ロジックを効果的に管理する設計開発基盤として3DEXPERIENCEプラットフォームをご紹介すると共に、ロボットアームを題材に次世代ハードウェア設計実装例(MBD/1DCAE)をご紹介いたします。

デモ概要:
5軸のロボットアームを対象として整理した要求(R)・機能(F)・ロジック(L)を3DEX上に実装し、1Dモデルを活用したシミュレーション、広範囲パラスタ、最適化を詳細設計前に行うことでシステムの軽量化を実現します。

 設計するロボットアームの主な仕様としては、可動範囲は最大1.5m、可搬重量20kgのものを持った際の先端の撓み許容量が2mm以下になるロボットアームの性能設計をご紹介いたします。

14:45-15:00
(15分)

質疑応答/クロージング

※ プログラム内容は予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。
※※ 同業者のお申込みはご遠慮願います。

プルダウンで「12月4日(金)」または「12月11日(金)」をご選択ください。

◆個人情報の取り扱いについて◆
プログレス・テクノロジーズ株式会社 プライバシーポリシーはこちら(https://progresstech.jp/privacy.html)
ダッソー・システムズ株式会社 プライバシーポリシーはこちら(https://www.3ds.com/ja/privacy-policy/)