SIMULIA Simpack 2018x リリースのお知らせ

2018.04.09

マルチボディシミュレーションソフト「Simpack」の最新2018xバージョンがリリースされましたので、新機能についてご案内いたします。

Simpack 2018xの新機能

Pre ・ポリゴン接触やギヤ要素等の2Dブロック図上での結合表示の改善
・ポリゴン接触やギヤ要素等の3Dグラフィック上での結合表示の改善
ソルバー ・接触要素のNew Solverオプションによる高速化
・チェーン要素のNew Solverオプションによる高速化
・大規模モデルに対するSODASRT2およびSOBDDF2積分器の高速化
・”Solver Debugger”が拡張され”Model Profiler”および”Settings Adviser”に
弾性体 ・Abaqusコ・シミュレーションがすべてのジョイントタイプをサポート
・全く新しい分散荷重に対する効率的な縮退手法
・全く新しい非線形弾性体の縮退手法
・fe-safeおよびFEMFATデータをメジャメントで直接出力(Loads Durability)
接触 ・ポリゴン接触要素(PCM)の接触力ベクトルアニメーション
・ポリゴン接触要素(PCM)が非線形SIMBEAMをサポート
・弾性体変形を考慮したボディ間最小距離の算出
モデリング要素 ・複数EHDベアリングの給油孔を介した連成
・ギヤ要素(FE225)が歯先の接触を考慮
・コネクション要素の大幅拡張
・Initial Conditions要素がギヤやシャフト等の自動アッセンブリに対応
・新しいリザルト要素’Accelerometer’(加速度計)
Wizard ・スクリプト機能の大幅拡張
MATLABインターフェース ・MATLAB Simulink R2016bおよびR2017aのサポート
FlexTrack ・モデル読み込み時間の短縮
Automotive ・rFpro Terrain Server路面データのメモリ保持による高速処理
・CDTire 4.2.6のサポート
Rail ・マーカータイプ98’Follow Track Joint’の軌道不整追従オプション
Wind ・Wind Control InterfaceがBladed 4.2形式をサポート
ユーザールーチン ・Intel Fortran 16.0、Visual Studio 2015、GCC 4.9.2のサポート

バージョンアップの方法について

弊社契約のお客様で、Simpackバージョンアップをご希望の方は、担当営業までご連絡ください。最新版対応のインストールメディア及びライセンスキーを手配いたします。

【お問合せ】弊社担当営業まで