【イベントレポート】3DEXPERIENCE FORUM Japan 20192019年10月08日(木)- 09日(金)

2019.10.28

プログレス・テクノロジーズは、2019年10月8日(木)〜9日(金)の2日間にわたって開催されました、ダッソー・システムズ社の2019年最大規模のイベント「3D EXPERIENCE FORUM Japan 2019」に、シルバースポンサーとして出展いたしました。

3D EXPERIENCE FORUM Japan 2019

講演:MBD手法を活用したハードウェア設計プロセスによる開発の「高速化」と「省人化」の実現

エグゼクティブコンサルタントの品川と、デジタルソリューション事業部長の梅澤より、プログレス・テクノロジーズがご提案する、設計改革実現のためのソリューション PT DBS (Progress Technologies Design Basis System) をご紹介いたしました。

現在の製造業は、グローバルかつ顧客ニーズの変化の激しい市場に、競争力のある製品を迅速に市場投入する開発の高速化と高効率化(省人化)が強く求められています。そのためには、開発の初期段階で性能や信頼性の予測と最適化が可能な次世代の設計プロセスへの革新が必要です。講演では、次世代ハードウェア設計プロセスの概要と、設計改革を成功に導く弊社独自のソリューションであるPT DBSについてお話しさせていただきました。

 

展示ブース:MBD手法を活用したハードウェア設計プロセスによる開発の 「高速化」 と 「省人化」 の実現

講演内容と連動して、展示ブースでも、PT DBS をより深くご理解いただけるようご紹介いたしました。また、次世代ハードウェア設計プロセスの実装に最適な3DEXPERIENCEプラットフォームでの実装例についてもご案内させていただきました。

展示ブースには、ユーザー様をはじめ、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございます。引き続き、皆さまの日々の業務にお役立ていただけるようイベント開催や情報提供を行ってまいります。