SIMULIAオンデマンドセミナーAbaqus、Tosca、fe-safe R2020xのご紹介

2020.05.01

Abaqus 2020, Tosca 2020, fe-safe 2020がリリースされました。
このウェビナーでは、2019のHotFixや2020で追加された機能も含めた最近の主な機能追加と、関連する既存の機能について紹介します。ご登録頂く事でウェビナーを視聴いただけます。

新機能キーワード
マルチスケール、金属相変態、Explicitの干渉嵌合、微小すべり一般接触、CEL接触、反復法ソルバー、Explicitの大規模モデル対応、Abaqus-Toscaの連携強化、相当塑性ひずみでの形状最適化、fe-safeの周波数領域

本セミナーは現在、Abaqus, Tosca, fe-safeをお使いのユーザー向けの内容です。ダッソー・システムズ社の開発陣がユーザの皆様に特にお知らせしたいと考えている機能を日本語で紹介されております。
なお、このウェビナーでご紹介していない新機能については、マニュアルのRelease Notes(Abaqus)やWhat’s New(Tosca, fe-safe)に記述されていますので、そちらも別途、ご確認ください。

Abaqus :構造解析ソフトウエア
陰解法(Abaqus/Standard)と陽解法(Abaqus Explicit)のソルバーを持ち、静解析、動解析、線形、非線形(材料非線形、幾何学的非線形、境界非線形)の構造解析に対応
Tosca:ノンパラメトリック最適化ソフトウエア
構造(Tosca Structure)、流路(Tosca Fluid)の最適化 Tosca Structureでは、Abaqus等の構造解析ソフトウエアと組み合わせて、形状最適化、トポロジー最適化、サイジング最適化、ビード最適化が可能 非線形解析にも対応
fe-safe :疲労評価ソフトウエア
Abaqus等の解析結果を用いて、多軸ひずみ法による疲労寿命評価が可能

 


※ダッソー・システムズ社のページが開きます