SIMULIA Isight 2018 リリースのお知らせ

2018.05.17

プロセスの自動化・最適化ツール「Isight」の最新2018バージョンがリリースされましたので、新機能についてご案内いたします。

Isight2018の新機能

Isightの機能強化

  • 新しい高次元のバブルプロット
    • 散布図によって5~6次元を1つのグラフに表現
    • 2Dと3Dの両方の散布図をサポート
    • 操作可能なプロット(回転、フィルタリング、ズーム)
  • 適応型DOE
    • 適応型DOEとは、DOE研究と最適化研究の両方に適した新しい空間充填手法
    • DOEコンポーネントと最適化コンポーネントの両方から利用可能
  • 強化されたエラー処理
    • 問題のあるコンポーネントにマークするのではなく、合否を示すエラー・コードを表示するようにコンポーネントを設定
  • Jythonのアップグレード
    • JythonスクリプトをJython 2.7.0スクリプティング・エンジンで実行
  • 強化された近似誤差解析グラフ
    • 応答適合および残留を表す近似誤差解析グラフに、マウスでポイントした箇所の誤差情報を表示

コンポーネントの強化

  • Abaqusコンポーネントのアップグレード
    • Abaqus 6.14~Abaqus 2018をサポート
  • CATIA V5コンポーネントのアップグレード
    • CATIA V5 R26、CATIA V5 R27、CATIA V5 R28をサポート
  • SOLIDWORKSコンポーネントのアップグレード
    • SOLIDWORKSコンポーネントは、SOLIDWORKS 2016 SP4に加え、SOLIDWORKS 2017 SP2とSOLIDWORKS 2018もサポート

SIMULIA Execution Engine(SEE)のアップデート

Oracle 12cへのアップグレード

  • 3つのアプリケーション・サーバー(WebLogic、WebSphere、TomEE)でOracle 12cをサポート
  • Oracle 11gデータベースは3つのアプリケーション・サーバーでのサポート終了の予定

バージョンアップの方法について

弊社にてライセンス契約のお客様で、最新製品へバージョンアップを希望される方は、担当営業までご連絡ください。お客様のシステム環境を確認させていただいた後、最新版のソフトウェア及びライセンスキーを手配いたします。

【お問合せ】弊社担当営業まで